プレミアム天然石専門店 日本市場ではなかなか見かける事の出来ない、ハイクオリティな天然石をご提供します。

商品ラインナップ > シトリン

EVENTイベント

1月24日(水)-27日(土) 東京ビッグサイトにて開催される「国際宝飾展」に出展いたします! 招待券配布中!

SEARCH条件で選ぶ

SPECIAL限定特典

3大特典がすごい!メールマガジン
店長ブログ

CHECK最近チェックした商品

TWITTER店長のつぶやき

SHOP INFO営業情報

営業日カレンダー

通常営業いたします。
お休みをいただきます。

※1月24日〜27日の国際宝飾展出展にともない、1月22日から29日まで恵比寿店、心斎橋店はお休みをいただきます。

シトリン

■シトリンについて

英名
Citrine
和名
黄水晶
結晶系
六方晶系(三方晶系)
化学式
SiO2
モース硬度
7
屈折率
1.54-1.55
比重
2.65
主な産地
ブラジル、マダガスカル、アフリカ

■シトリンについて

シトリンとは和名で黄水晶と言われている通り水晶の黄色版とお考え頂ければと思います。柑橘系のシトロンに色みが似ていることからシトリンと名付けられたと言われております。現在流通しているシトリンのほとんどが紫水晶のアメジストを加熱処理して完成されております為、天然未処理のシトリンは非常にレアになっております。11月の誕生石でもある為、認知度人気共に高い石になります。

■シトリンの意味

富と繁栄を意味しており、古来より幸運の石と言われていました。
シトリンを持つと商売がうまくいくと言われており、財運の石として人気を博しています。

■シトリンの品質の見極め方・選び方

○シトリンは黄色を基本として、オレンジに近いもの、赤みの強いものなどさまさまありますが、透明感があり美しいものが品質の高いシトリンと言えます。アメジストを加熱処理したものにも、透明感があり美しいものもあります、天然でも白く濁っているものもございますので、加熱処理していても綺麗なほうが人気が高かったりします。そこは好みになってくるかと思います。

■シトリンの取り扱い

直射日光に長時間当て続けることは避けてください。

■シトリンの処理

加熱処理、照射処理

■シトリンの偽物

加熱処理をされているもの、照射処理されているものすべてが偽物という考えは基本ありません。加熱処理のシトリンも鑑別結果は天然クォーツのシトリン、通常加熱と記載されます。長い年月をかけて形成された天然シトリンの形成の仕方を人工的に期間を短くしたものになります。その為シトリンの偽物という意味では偽物はないと言えます。

区切り線

アイテムで絞り込む

  • ブレスレット

並べ替え:

おすすめ順 価格順 新着順

STONE TYPES -石の種類で選ぶ-